HOME

What's New(新着情報)

冠婚葬祭は苦労する職場

ぼくは働いている会社で、人事の担当をするようになってから3年ほどになります。おもな担当は新卒の採用で、それも専任でやっているわけではないので、まだまだ人事の初心者から抜け出せていない状況です。
それでも人事の仕事らしい場面にはなんどか遭遇してきていて、あるとき冠婚葬祭絡みで、とても困ったことがありました。おなじ部署の若い女子社員が結婚することになったときです。お相手は仕事で知り合った取引先の男性社員。その人はぼくらとも面識があったので、女子社員は気を使って、同僚たちも結婚式に招待してくれました。
職場にしては仲のいい部署なので、みんなよろこんで参加させてもらうことにしたものの、うちは365日休みのない会社。冠婚葬祭といっても全員が出席するわけにいかず、同期や仲のいい社員が優先で出る予定に。
ところが式の数日前まで来て、最初出席予定だった同僚の実家で不幸があり、こちらは冠婚葬祭の葬のほうで急きょ休みを取って実家へ戻っていきました。式の日の人手不足を補おうと早めのスケジュールを組んでいたので、とたんに部署の仕事がてんやわんや。一応人事のぼくが、かなり強引に社員のシフトを組みなおしたものの、どうにも仕事が片付きません。
ふだんから冠婚葬祭のときは大わらわになるのが恒例で、僕自身の結婚式のときは、休みが2日しかありませんでした。そんな状況を察して、花嫁になる女子社員本人が式の前日まで出勤してくれて、なんとか全員の出席にこぎつけられました。
年中休みのない職場はどこも、冠婚葬祭で苦労してるんだろうなと、よく思わされています。

HOME